復縁の意味を考えたときに、人によって違いは少々あるかもですが
大体は一度別れたけどヨリを戻せたことを「復縁」と言うと思います。

別れの原因は単純複雑、重い軽い
様々なケースがあります。

その中で、謝って解決する復縁はどういうパターンか?

色々考えてみたいと思います。

謝って解決しそうな復縁

まず一番気になるであろうこのケース
色々な駆け引きや冷却期間、自分磨きなど正直めんどくさいですね。
やらなくてもいいのならやりたくないものです。
やるのは自由ですが私たちの時間は有限です。
さっさと復縁できるのなら楽しいことに時間を回したいですね。

では、本題の謝って解決する場合はどんなものか?

別れの原因があなたにある場合
ケンカ別れの場合

こんな感じですね

当たり前なのですが原因があなたにある場合に謝る
原因が相手にあるのにあなたが謝るのはおかしいですし、
何より相手に更なる罪悪感を与えかねません。

ケンカ別れは言わずもがな
変なプライドは捨ててさっさと謝ったほうがいいでしょう。

謝り方というのも大事な問題です。
ただ、「ごめんなさい。」で済むのは小学生までです。

あなたの気持ちとしては自分を許してもらって復縁したいから謝る
という感じでしょう。

でも相手にとって問題はそこではありません。
今後の対応策や解決策よりも重要なことがあります。
それは相手が受けたダメージを理解して、あなたがした行いを謝罪する。

こちらとしては許して欲しいから謝りますが
相手は、その行いによって自分が受けたダメージについて謝って欲しいのです。

ここの両者の考え方の違いがとっても重要になります。
相手の気持ちを考える。簡単だけどで難しくて、でもとっても基本になることです。

復縁したい場合の謝るタイミングは?

謝るタイミングというのも重要です。
間違ったタイミングで謝っても

「今更なに言ってるの?」

という感じになってしまいますね。

一番ベストな復縁のタイミングは別れてから時間を空け過ぎないくらい

とっても曖昧ですが、別れの原因によってタイミングも少々異なります。
相手の感情が昂っているときに接触しても逆効果になりかねません。
逆に時間を空け過ぎてもよろしくないです。

だから三日空けましょうとか一週間空けましょうとか
具体的な数字は言いづらいです。
これはあなたが見極めるしかありません。

どうすりゃいいんだ!と悩んでしまうかもしれませんが安心してください。
少々の誤差は出てしまいます。ベストな選択なんてそうそうできません。
問題はあなたが相手の気持ちに立って謝れるか?
そこが大事です。

もし別れて間もないなら
復縁のノウハウ云々調べる前に謝りに行ってはいかがでしょうか?