冷却期間中に相手から連絡が来たのなら冷却期間は終了してもOKです。
相手との距離感を気にしながら電話やメールを駆使して直接会うことを目指したいですね。

しかし注意していただきたいことがあります。

相手からの連絡が来たことが嬉しいのはわかりますが、
連絡内容と相手の心情についてしっかりと考えることが必要です。

相手からの連絡について考える

まずは相手からの連絡内容から考えましょう。

どんな内容でしたか?

事務的な内容
質問
他愛もない雑談

次に相手のテンション

淡々としていたのか
いつも通りだったのか
明るい感じだったのか
必要最低限だったのか

最後に別れてから、もしくは最後の連絡からどれだけ経っているか

これらのことを客観的にしっかりと分析していきましょう。

連絡が来たぞー!ヒャッハー!!と喜ぶのはまだ早いです

なぜ連絡したのか?

キツイことを言いますが基本的に相手はあなたには連絡はしたくはないはずです。
別れてしまったわけですし、気まずいという気持ちもあるはずです。

それでもあなたに連絡しなければならないことがあったと考えましょう。

あなたでないとわからない質問
友達を介してではいけない事務的な連絡
他愛のない雑談から本題に入ろうとしている

気があると思わせないために淡々としたいた
自分は元気だと伝えるためにいつも通りだったり明るい感じだった
伝えないといけないことがあるが連絡したくはなかったので必要最低限だった

連絡内容や相手の文面や会話の調子から色々と考えられます。

ただの連絡なのか距離を詰めたいのか
相手の本心はわかりませんが何となくの予想は立ててみましょう。

そして連絡が来たのなら絶対に返事はしましょう。
メールが来たのなら返事はしましょう
電話だったのなら絶対に出ましょう

連絡が来たことについて考える

相手から来た連絡について客観的に分析をして、良い方向に進んでいそうなら
待ちの姿勢から攻めに転じる準備を始めてもいいかもしれませんね
勿論、慎重にやって欲しいのですが…

相手から来た連絡が、どう考えても仕方なく連絡している場合もありえます。
淡々としていたり必要最低限だったり、あからさまな敬語だったり

どう前向きにと捉えたとしても嫌々連絡してるんだろうなぁ…
と思えてしまうのなら変な期待はしないほうが気が楽です。

 

相手はあなたに連絡したくはないでしょうと言いましたが、
あなたが嫌いだからではなく過去を思い出したり引きずる行為をしたくはないからでしょう。

相手も気持ちを切り替えられていないと考えられます。

連絡が来たけど冷たい感じだったと落ち込むのではなく、
相手の今の心情はこんな感じなんだなという情報が手に入ったと考えましょう。