復縁したい相手にせっかく会えたのに相手がそっけない対応をする。
なんとか話を盛り上げたいので一生懸命話を話題を出すが会話が続かない

なんで相手はあなたに対して反応が薄いのでしょうか?

こういう場合は嫌われているというより、
相手はあなたに対して警戒心を抱いているからかもしれません。

警戒心があると、相手と距離を縮めることは難しいです。

あなたが何をしても、これは復縁したいからの行動なんだ
と相手は思ってしまいます。

これでは復縁は厳しいですね。
なんとか警戒心をなくしていきたいですね。

警戒心はどこからきてる?

あなたの行動が復縁したいんだなと伝わってしまうと相手は警戒します。
これは当然ですね。

相手はあなたとやり直したいとは思っていないので、
そういう好意が感じ取れてしまうと相手も塩対応にもなります。

しかし、あなたが特に何もしていなくても相手は警戒している場合もあります。
たまたま相手と遭遇して、普通に会話しているはずなのに
相手はとってもそっけない

こういう場合は復縁したくないからの塩対応ではなくて、
あなたに対して、申し訳ない気持ちだったり気まずさがあることから
こんな対応をしてしまいます。

後は、あなたが相手に対してどう思っているか関係なしに
先手を打つ意味で、復縁はする気はないよ!というメッセージかもしれません。

こんな感じで相手の警戒心も人によって色々なところから出てきます。

警戒心をどうにかしたい!

さて、この警戒心をなんとかしないと復縁行動も上手くできません。
なんとかしたいですね。

相手はあなたに対して未練はないから復縁する気はないよ!
という気持ちを持っています。

だからこちらも同じ気持ちを持てばいいのです。
復縁を諦めろという意味ではなくて、そういうスタンスで動きましょう。

あなたが心の奥で何を思っていようが自由です。

では、どういうスタンスで動いていけばいいのかというと

相手を意識しすぎない、変に気を使わない
明るく笑顔で接する

こんな感じです。
相手を意識しないというのが難しいかもしれません。
自然に接する。異性を感じない対応といわれても簡単にはできないです。

だから、できないと思えるのなら無理しないほうがいいです。
そもそも無理してる時点で自然ではないですからね。

明るく笑顔で接して、さっさと帰るということを意識しましょう。
これだけでいいです。

警戒心をゼロにするのは無理

相手はあなたがどう思ってようが、復縁に対して警戒しています。
あなたが上手く相手に接したとしても少なからずに警戒心は残ります。

絶対にあなたは復縁したいと思っていると確信されるとアウトなので、
復縁したいのかな?でも違うかもと迷わせるぐらいがちょうどいいです。

悩ませることで相手もあなたのことを考える時間も増えるでしょう。