冷却期間の長さは人によって様々です。
別れの原因とか別れ際の険悪さとか相手の性格、あなたの性格などなど
色々なポイントを考慮してあなた自身が決めるものです。

だから一週間ぐらいだったり半年ぐらいだったり長さには違いが出ます。
長さの違いはあるものの冷却期間の目的は一緒です。

冷却期間はなんのため?

・互いに冷静になるため
・あなたの印象を薄くするため
・あなたの変化の準備期間(自分磨き)

短い冷却期間の場合は、
まずはお互いに冷静さを取り戻すという部分が一番大きいでしょう。
短い期間だと印象を薄くするのも期待はできません。

自分磨きも短期間で内面を磨くのは難しいですし、
出来て外見、服装を気を付けるぐらいですね。

とりあえず何よりも冷静になることが大事です。
冷却期間が短い場合はどんなケースが多いのかというと、
大体は喧嘩別れみたいなケースが考えられます。

喧嘩別れの場合は直後はお互いに冷静ではないので、
あなたも上手く歩み寄ることもできないでしょうし、
相手もあなたの言葉を聞き入れる態勢は取れてないでしょう。

だから大体一週間ぐらいしたから相手にアクションをかけましょう。
喧嘩の時点で両方に非があります。
さっさと収束させるためにもあなたから歩み寄ってみましょう。
そのほうが大人な対応です。

長い冷却期間の場合は、上記の3点は全て必須です。

冷静でなければ自分勝手なアプローチをしてしまうかもしれません
あなたの悪い印象が薄くなっていないと警戒心を持たれれてしまいます。
まずは相手との距離を縮めることが大事です。
復縁したいんだなと相手に思わせてしまうと上手く行動ができません。

あなたは変わる必要があります。

どうしてかというと、前のあなただと相手は心が動かないからです。
相手もまた同じことの繰り返しは嫌ですからね。
前の変わらぬあなたでは、復縁なんか考えないでしょう。

復縁は相手を変えるのではなく、あなたが変わる必要があります。

冷却期間は相手のため

相手側でも考えてみましょう。
冷却期間があることで相手もこれ以上ダメージを受けることはないです。

相手は覚悟を決めてあなたとの別れを決めました。
だから別れることができてハッピー!とはなりません。

振られた側も振った側も両者共にダメージを受けます。

別れの原因があったとしても、あなたと過ごした楽しい日々もあります。
だから悩んだり、申し訳ないと思ったり、考えることは色々あると思います。
そういう苦しい思いをしての判断です。

そんな状態であなたから復縁したい!というアプローチを受けたらどうでしょうか?
ハッキリ言って気分が良いものではないですね。
自分のことは忘れて欲しいと思っているはずです。

だから相手のことは忘れてしまいましょう。
そしてあなたのことも忘れてもらいましょう。

こうすることであなたの悪い印象は薄くなって、楽しかった思い出は美化されていきます。
悪い印象を100%消すことは無理ですが、少しでもなくなることで復縁行動をとりやすいです。

自分の行動で相手はどう思うのか考えることが復縁では一番大事です。
あなたは相手の好き嫌いは何となくわかるはずです。
だから、それを考えていけば自分勝手な行動はしないはずです。