一人で居るときや、学校や仕事の休み時間にふと寂しさを感じることはありませんか?
失恋の辛さを乗り越えらていないときにこういう風に感じることはあると思います。

自分が周りから隔離された空間にいるような、見えない壁があるような
一人で居ても近くに誰かが居ても私はこのように感じました。
みなさんはどうでしょうか?

孤独を感じるのは当然のこと

今までは相手という居場所があったので安心感がありました。
それが別れをきっかけに無くなってしまいました。

物であれ人であれ、
今までずっと存在していて急に無くなったら寂しさを感じるのは当然です。

だから寂しいと感じたり悲しいと感じたりすることは悪いことではありません。
この感情を無視して復縁に向かおうとしても難しいでしょう。
まずはしっかりと、この感情を受け入れましょう。

自分の心の対処方法を考える

まずは、今のあなたの心の状態だと、まともに復縁の行動ができません。
自分が苦しい状態で行動すると自分が楽になりたいという気持ちが全面に出ます。
つまり自分のことしか考えない相手の気持ちなんてお構いなしの復縁行動ですね。
これで多くの人は復縁に失敗します。

だから今のあなたの心のケアがとても重要になります。
自分の心に余裕がないと相手目線で考えられませんからね。

では心のケアをするには何をすればいいのかというと、
これは各々好きなことをやればいいと思います。
今まで生きてきて、これをすると気分転換になるというものがあるでしょう。

あんまりパッと思い浮かばない!という人は孤独感をどうにかしましょう。

相手という大きな存在が居場所であったためそれを失ったことにより、
大きな穴が開いてしまいました。

でもあなたの居場所は相手だけでしょうか?
他にもあなたの居場所は存在するはずです。
だって相手と出会う前はそこが居場所であり、現在の居場所でもあるはずです。

家族だったり友達だったり仕事、学校、サークルなどなど
思い出してみましょう。

「自分の居場所は相手だけ!」

と言い張る人もいるかもしれません。

ここでちょっと相手の立場で考えてみましょう。

復縁にしかベクトルが向いていない人と、
色々な場で楽しんだり一生懸命頑張っている人

さてどちらが魅力的でしょうか?

別に相手に変わるほどの居場所を見つけろとは言いません。
でも、他でも楽しかったり、頑張れたり、安心できる居場所はあると思います。

無くなった居場所を悲しんでも戻ってはきません。
まずはあなたが心に余裕が持てる場所を探しましょう。
それに復縁できれば新たな居場所ができます。