復縁では相手と会ったり連絡しているときは慎重に行ったほうがいいです。

相手によく思われたい!
相手との距離を縮めたい!
相手と早くやり直したい!

と思ってしまうのは仕方のないことなのですが、とりあえず冷静になりましょう。
焦ってあれもこれもと色々詰め込んでしまうのはあまりよろしくないです。

なんで欲張るとダメなの?

これは何となく理由はわかるかと思います。

まずは、もう相手と交際していないという事実は認めましょう。
交際中なら相手とずっと一緒にいようが、電話しようがメールしようが自由なんですけど、
今は違いますね。

相手の気持ちを考えてみましょう。
もう別れてしまった人と長時間一緒にいたり、頻繁に連絡のやり取りをすること、
これは楽しい時間でしょうか?

以前なら楽しい時間だったかもしれませんが、今は違います。
連絡が来るだけで気まずいと思います。
ましてや電話や直接会うなんて尚更です。

人によっては不快感や嫌悪感を抱くかもしれませんね。

だから相手に連絡する時は慎重に行動しないといけません。
タイミングや内容はとても重要なポイントです。

相手のご機嫌をとる必要はない

復縁では少しずつ相手との距離を縮めることが大事です。
距離を縮めるためにはあなたのイメージ回復をしていかないといけません

でも変に気を使いすぎたり、プレゼントをする必要はありません。
そんなことをしても逆効果です。

そもそも相手はそんなことをしてくれるからあなたと付き合っていた訳ではないはずです。
なんで相手が一緒にいたいと思えたのか考えてみましょう。
あなたがやるべきことはそこではないはずです。

まずやるべきことは、相手の気まずさを取っ払うことです。
これが残っていると相手との接触に色々と壁になります。

欲張らない復縁って何?

さて、どうすれば気まずさを取っ払うことができるのかというと
あなたが「もう何とも思ってないよ!」というスタンスをとりましょう。

勿論、別れの原因があなたにあるのならばしっかりと謝罪を先にしてくださいね。

相手のことを何とも思っていないから

相手と会うときも気まずい顔もしないし笑顔で会える。
もう恋人でも何でもないから用が済んだら直ぐに帰る。

連絡するときも内容は必要最低限で済ます。
余計な詮索は一切しない

こんな感じですかね。
ただ必要最低限でも人として挨拶やありがとうも言えないのはNGです。
「最近どう?」と軽く一つ二つ聞いて雑談するくらいでしょうかね。

表情というものはとても大事です。
笑顔でいることは相手の警戒心を薄くします。
また短時間で済むのなら相手も負担はないでしょう。

連絡のやり取りも続かせる必要はないです。
さっさと終わらせましょう。
もし盛り上がっているのなら「今度ご飯一緒に食べに行こう!」と誘えばいいのです。
直接会えることは距離を縮めるチャンスです。

まとめ

長時間一緒にいても連絡を頻繁にしても復縁には逆効果です。
まずは笑顔で接して余計なことはせずにさっさと帰りましょう。
会話も一つ二つ近況を聞くくらい十分です。

距離が縮まって相手が話したいと思ってきてからそこから動けばいいです。
基本的あなたはあっさり対応でしていればいいでしょう。