半年、もしくはそれよりも短い交際期間で相手と別れてしまった。
なんてことは良くある話ですね。

特に学生さんなんかはあまり続かないイメージがあります。
ずっと交際が続いているのは珍しいんじゃないでしょうか?

交際期間が短いなら復縁しないほうがいい?

「すぐに別れたんなら復縁を目指すより新しい相手を探したほうがいいんじゃない?」
「相手があなたと合わなかったんだよ」
「ちょっとしか一緒に居なかったしダメージも少ないでしょ?」

なんて意見が出るかもしれません。
こういう意見の人は復縁自体にもあまり良いイメージがないと思います。
確かに事実かもしれませんし、正しい意見かもしれません。

でも復縁を目指す人は相手のことがまだ「好き」なのです。
交際期間が長い短いも関係ありません。
気持ちが残っていて、やり直したいと思えるなら復縁を目指してみましょう。
しっかりとモラルがあるなら恋愛は自由です。

別れの原因を考える

復縁の基本は別れの原因をしっかりと把握して改善することです。
これはどんなパターンでも一緒です。

交際期間が短い場合は原因も絞りやすいです。

逆に一緒の期間が長い場合は原因がわからなくなることがあります。
あれがダメだったこれもダメだった…とネガティブな人ほどハマりやすいです。

さて短い場合の良くある原因を3つ挙げてみます。

1.致命的に相手を不快にさせるポイントがあった
2.相手が冷めやすい人だった
3.束縛しすぎる信用してない

1.致命的に相手を不快にさせるポイントがあった
これは人によって何が嫌だったのかのポイントは変わりますが
相手が別れを決意してしまう程どうしても我慢できないことだったのでしょう

・食べ方が汚い
・マナーが悪い
・話し方が合わない
・清潔感が無い

などなど挙げたらキリがないですね。
自覚している人は今すぐに直しましょう
自分ではわからない場合でもたぶん家族や友達に注意されたことがあると思います。
復縁以前に人に不快感を与えない生活を心がけたいですね。

2.相手が冷めやすい人だった

これは相手の交際歴なんかを知っていればなんとなくわかります。
こういう人は常に新しいことを求めるタイプです。
あなたにドキドキすることが少なくなってきたためマンネリ化するのが早かったのでしょう。

このタイプがあなたの自分磨きが大変重要になります。
以前のあなたとは違うことを伝えないといけないので大変です。

3.束縛しすぎる信用してない

相手が見えないと不安になる気持ちはわかります。
常に相手が何をしているのか把握したくなるのも何となくわかります。
好きであるから独占欲も湧きます。常に一緒に居たいですよね

でも相手はあなたの所有物ではありません。
相手にも相手の人生があります。そのことは忘れないでください。

好きなことを楽しそうにしている人や一生懸命にやっている人は魅力的です。
あなたもそうであるから相手に魅力的に見えたはずです。

だから相手のやりたいことを応援できるようになって、
相手の魅力を引き立てられる人になりましょう。

自分が信用しないと相手も信用してくれません。

まとめ

復縁を目指すなら交際期間は関係ありません。あなたがどうしたいかが大事です。
まずは別れの原因を改善していきましょう。