復縁活動中に相手に不快感を与えてしまったかもと不安になることはよくあります。

「やっちゃったな…失敗したな…」

と後悔することはよくあります。むしろ後悔しないことなんてないでしょう。

だって完璧な人間なんていませんし、人間は失敗するものです。
そもそも失敗しないで復縁できるのなら最初から別れるなよとツッコミたくなります。

もちろん、失敗を恐れずに何でもやっていい訳ではありません。
人間だから失敗はしますが失敗すれば復縁の成功率に影響が出ます。

ただ失敗して、ネガティブになって消極的になるのがもったいないということです。

失敗してこれがダメだったのか
相手はこういう所が嫌だったのか
これは自分の悪い癖だったな

という感じで失敗しても次に活かせるようにしていきたいですね。

失敗例から学ぶこと

下記は失敗例の一つとして多くの人がやってしまったであろう例です
失敗例って自分自身が経験しないとあまりピンと来ないんですが
他の人はこんなことで失敗したんだなと思いながら読んでもらえると嬉しいです。
また、もし失敗してしまった時にどうやってリカバリーをするか考えることも必要ですね。

・冷却期間中なのに連絡してしまった

これは我慢できなかった人がやってしまう典型的なダメな例です。
連絡すること自体は問題はないんですが、内容が問題になります。

・やり直したいという未練がモロに伝わる内容
・相手でなくてもいいような、どうでもいい内容
・関係が修復されてもいないのに雑談のような内容

相手に連絡する際にはいくつか気をつけたいポイントがあります。
ただなんとなく送っただけでは確実に失敗するでしょう

・別れからどれだけ経ったか
・連絡の目的は何か
・相手に連絡をしてどういうリアクションをするだろうか
・未練は絶対に伝えないようにする

今の状況を考えて、自分のアクションで相手はどういう反応をするのか予測を立てる
そして未練は伝えないようにしましょう。

ここからもしもの話をします。
あなたが冷却期間中もしくは終了後に連絡して相手の反応がまずかった場合はどうしましょう?

まずは反応の有無を確認から
あるかないかで対応も変わります。

反応があっても塩対応の場合は?
これはそんなに気にする必要はありません。
相手に警戒心がまだあるかもしれませんが、気まずいということも考えられます。
急な連絡をした訳ですから相手も愛想良く返せなくてもおかしな話ではありませんね

反応が無かった場合は?
これはもう一度連絡の内容や相手の状況を考えてみる必要があります。
相手が返しやすい内容だったのか、相手でなければならない内容だったのか
若しくは冷却期間が早すぎたのか、相手が返せる状況じゃなかったのか

色々考えることがあります。むしろありすぎてキリが無いですね。
しかし私たちはもしもの仮定の話をしている段階です。あまり不安にならないように

復縁では久しぶりに相手に連絡する際は内容は特に大事です。
もし送ろうとしているのなら、内容を再度確認してみましょう。