相手と別れてしまったが、未だに相手のことが忘れられない。
あなたがまだ相手のことを好きなら復縁を目指してみましょう。

復縁するためにはあなたの行動がキモになります。
あなたの今の状況や相手の性格などを考えて適切な行動をしていきたいです。

あなたと相手の現在の状況確認

復縁するぞ!と決めたのならまずは現状を把握しましょう。

まずは、別れ際の確認から
比較的に円満に別れたのか喧嘩別れなのか一方的な別れなのか
人によって様々ですね。

別れた後に相手との関係が険悪か連絡は取れるのか
後述する冷却期間の時間の設定の目安になります。

次に別れた原因の追求をしましょう。
何が理由だったと思いますか?何となく思い当たることはあると思います。

原因がわからない!こういうケースもあります。

「復縁したいが別れの原因がわからない」

という記事も書いているので良かったら参考にしてください。

現在のあなたと相手の関係を紙に書いてまとめるといいかもしれません。
現状把握くらい当たり前でやっているのでは?と思われるかもしれませんが、
把握はしているはずなのに行動が的外れなことをしている人が多いです。
もう一度認識しなおしましょう。

ただし、あくまで現状を客観的にまとめるだけなので
ネガティブになったり、相手に対しての反省文にはならないようにしましょう。

冷却期間をとりましょう!

別れた後はお互いに感情的になっています。
特にこの状態であなたが復縁を迫る行動をしたのなら相手に不快感を与えます。

感情的だと自分のことしか考えなくなり相手のことは殆ど考えません。
復縁をするためには冷静でないと絶対に上手くいきません。

あなたが自分は冷静ではないなと思うのなら、相手に対して行動するのは止めましょう。
また相手も感情的だと、あなたと同じです。
相手も冷静でないと復縁は上手くいかないでしょう。

お互いに冷静になるために冷却期間は存在します。
また、あなたのことを忘れてもらうためにも必要な期間です。

忘れるということは悪いイメージを薄くすることです。
別れの原因となった相手が目をつぶることができなくなったことも、
時間が経つことにより悪いイメージも薄くなります。

どれだけの時間が必要になるかは別れの原因により変わりますが
かなり険悪だった場合はとりあえず半年は我慢しましょう。
連絡も取れる状態だし関係も良好であるのなら1ヶ月くらいでいいでしょう。
その他の自分ではいまいちわからないのであれば3~5ヶ月くらいが無難でしょう。

冷却期間の最中に相手から連絡が来たのなら終了させてかまいません。
次の一手を考えましょう。

最後に冷却期間中は別れの原因改善と自分磨きをしましょう。

別れの原因改善は当たり前ですね。優先的にやりましょう

次に自分磨きです。
今までになかった自分を見せることにより相手に魅力的なったと思わせます。
何をするかは内面、外見、社会的地位の変化など色々あります。
しかし背伸びはせずに、できることからやっていきましょう。無理しても続きませんからね。

復縁したいのならまずは原因改善と自己強化から

まずは自分の地盤を固めましょう。相手に対して行動するのは後からでいいです。
会うためのテクニックやメール術なんて大して重要ではないです。
まずはあなたがカッコイイ人間になるほうが大事です。