復縁したい相手が近くか遠くかで復縁も少々やり方を変える必要があります。

遠距離の場合は相手に直接会うことは物理的に距離があるので、
いかにして会う方法を考える。もしくは会う口実を作ることが問題になります。

近距離の場合、今回は特に職場や学校で顔を合わせる機会が多いときは
どのようなことに注意をしながら復縁の行動をしていくのか考えていきましょう。

近距離の復縁は簡単?

近距離の復縁は簡単で遠距離は難しい

こんな風に思われがちですが、そんなことありません。
そもそも難易度を考えることがおかしな話です。

だってあなたの復縁相手は一人なはずなのに何と比較しているのでしょうか?
同時進行で他にも復縁しようとしているのなら話は別ですが、

他人の復縁のケースを比較することは無意味です。

近距離も遠距離も基本は一緒です。
相手に変わったと思わせて、もう一度好きになってもらう

違いはどこに重点をおいて行動するかがポイントになります。

近距離復縁のポイント

顔を合わせる機会が多いことは相手に変化を伝えやすいです。
大体の復縁の場合は自分磨きの成果を見せるために、
メールや電話で何とかして相手と直接会わなければいけませんが
相手との距離が近いことで伝わりやすいです。
こちらからアピールせずとも自然に相手に伝わるのもポイントになります。

しかし近いことが問題にもなります。

まずは気まずいこと、別れた後ですから当然です。
相手に対してもう未練は無いよという姿勢を見せることが重要になります。
もう一度やり直したいので無理に話しかけたり、必要の無い事務的な連絡も止めましょう。

逆に冷たくしすぎるのもNGです。こちらからは必要最低限のことだけすればいいのですが
挨拶すらできないのは人としでダメでしょう。

近すぎるために常に気を抜けない状態です。
あなたの良い所も悪い所も伝わってしまうので注意しましょう。

近距離の場合の冷却期間は?

冷却期間は相手にあなたの悪いイメージを忘れてもらうために時間を取りますが、
近距離の場合は見られる機会が多いのでそうもいきません。
この場合の冷却期間は未練が伝わらないようにすることと、
相手のことをただのクラスメイトや同僚として接するようにしましょう。

普通に会話ができるようになったり、プライベートな話やメールができるようになったら
こちらからも食事に誘うなどのアクションをかけてみましょう。

まとめ

近いことにより変化が伝わりやすいのはメリットです。
自分磨きは念入りに行いましょう。

ただ近いことにより焦って下手な行動もしがちですので余計なことはしないように
自然体で接することを心がけてください。