冷却期間の目的

冷却期間はあなたが別れの原因を改善して自分磨きをするための期間であり、
あなたと相手がお互いに落ち着くための期間でもあります。

冷却期間中は基本的に連絡は一切しないようにしたいです。
相手にあなたのことを忘れてもらうことが冷却期間の目的でもあります。
忘れてもらうということは、あなたの悪いイメージをなくそうとするためです。

基本的に連絡はしないということの例外は、
相手から連絡が来た場合です。これは無視は絶対にしないで返事は返しましょう。
あえて時間を置いてから連絡するなどの変なテクニックは不要です。
連絡が来たら早めに返しましょう。間を置くのは時間の無駄です。

冷却期間に耐えられない?

冷却期間の目的と連絡が来た場合の対処法はこんな感じです。

基本的にこちら側はだんまりしている状態になるのですが、
やっぱり連絡したくなりますよね。特に冷却期間初期は辛いと思います。

さてこの状態で連絡した場合にどんな結果になるでしょうか?
殆どの人は悪い結果になることでしょう。

一人でいることが苦しくて、早く関係を修復させたい!という気持ちはわかりますが、
相手のことを何も考えずに自分勝手に動いたら復縁は上手くいきません。

復縁したいと思っているのなら、連絡することは今は止めましょう。
「それでも連絡したい!もしかしたら上手くいくかもしれない!」

このような誰にも止められなくなっている人もいるでしょう。
ここまでいってしまうと復縁したいのならば非常によろしくない状態です。

復縁はいかに苦しい気持ちを楽にするかがポイントになってきます。
気持ちを楽にできないと客観的に行動することができません。
目的も自分勝手になりますし、自分の行動の結果の大体の予測すらできないでしょう。

耐えられないなら連絡してしみる

もういっそ耐えるのが無理なら連絡してみるという手もあります。
私はあまりオススメはしません。効果はそんなに期待できないし、リスクもありますから

冷却期間が短いと相手の心も落ち着いていないかもしれませんし、

なにより自分自身の変化も無しに復縁に成果を出すことは難しいでしょう。

 

さてやり方ですが、連絡手段はメールやLINEなんかがいいでしょう。
電話は止めておきましょう。冷却期間がある程度あったとしても、いきなりは重いです。

次に内容です。
重すぎず、尚且つ相手ではないといけない内容にしてください。
物の貸し借りなどの事務的なことや相手でないとわからない質問など
内容は慎重に考えてくださいね。

相手からの反応にもあまり一喜一憂しないように
殆どの場合は薄い反応か無視されるかのどちらかです。反応があっただけでもラッキーです。
もし返事が来たとしてもここからメールを盛り上げるぞ!とはしないでください。
こちらは自分磨きに戻って、相手からの連絡を待ちましょう。

無視された場合は、またメールを送るなんてことはしないように
返事が無いということは、あなたに対して警戒心があります。
またメールを送るなんていう追い討ちは絶対に止めましょう。

相手の状況とメールの内容をしっかりと考えないと、まず返事は来ないでしょう。
無視された場合は、今までの冷却期間がリセットされると思ってください。
リスクが高くて難しいのでオススメはできませんね。

あと、耐えられないといっても最低一ヶ月は我慢してくださいね。
二日三日も耐えられなくて連絡してしまおうとは考えないでください。