冷却期間の辛さが楽になる頃は?

「冷却期間がどうしても辛くて耐えれらない!」

このような状態になっている人は少ないくないと思います。
私も10ヶ月ぐらい相手のことを忘れられずに辛い時期がありました。

人によって感じ方は違うので早い人は1~3ヶ月ぐらいで楽になる人もいるみたいです。
辛い時期があるのは仕方が無いことです。
逆になんとも感じない人は強いというよりも人として何かが欠落している気がします。

私のように時間が経てば気持ちを楽になりますが、10ヶ月も待ってはられないでしょう。
ではどうすれば楽になるのかということをお話したいと思います。

 

 

冷却期間の過ごし方の工夫

楽になるまでひたすら時が経つのを待つのはキツイ過ごし方でしょう。
何もしていないと相手のことをひたすら考えてしまいます。

では、どうすれば楽になるのかというと動くことです。何か行動をしましょう。
スポーツでも旅行でも趣味でも何でも

好きなことがいいです。
復縁に関する自分磨きになることでもいいですが、
今は何も考えずに楽しめる、熱中できることをしましょう。
何をするかはあなたの自由ですが、できれば相手のことを連想しないものがいいです。

あとは一人でやっているということを意識しないものがいいでしょう。
一人だけだと自分だけの世界になってしまい。考えが主観的になりがちです。

復縁に必要なのは自分目線ではなく相手目線になることです。
客観的にならないと、復縁に効果的な行動ができませんから

自分の行動は何が目的なのか?この行動で相手はどう思うか?
こういう考えができるようになるには色々な人と接することが一番いいと思います。

最初は相手のことを考えてしまい何をしていても集中できないでしょう。
しかし相手のことを考えること自体は問題ないので自分を責めないでくださいね。

問題なのは相手のことを考えてしまい。相手がいないと何も楽しめないと考えることです。
この相手主体の考えを改めるためにも冷却期間を活用しましょう。

楽しめる、美味しいと感じられる一緒に共感できる人は相手以外にも存在します。
趣味の仲間や友達、仕事場の同僚と当てはまる人がいるんじゃないでしょうか?
まずは楽しいものは楽しいと感じられる心を取り戻しましょう。

 

 

冷却期間を楽しむ

冷却期間は辛いものと認識している人が多いと思います。
確かにやることは自分の悪い部分と向き合わなければならないので楽じゃないです。

だからといって遊びなどを捨ててストイックに生きる必要は全く無いです。
色々なことに挑戦してみて、人と会ってみて、楽しむこともしてみましょう。

復縁に関係ないことでも、楽しめればどんどんやりましょう。
人として幅が広がればそれだけ魅力的です。