復縁における頑固とは

「相手は頑固な人だから復縁は無理かなぁ…?」

という感じで復縁が難しくなっていると思い込んでいませんか?
そんなことは無いので安心してください。
頑固であろうが無かろうが、復縁の仕方は基本は一緒です

そもそも頑固な人ってどういう人でしょうか?

・プライドが高い
・自分の意見を曲げない
・人の意見を聞かない

こんな感じでしょうか?
要は自分の信念を貫き通す人ですね。

頑固と聞くと気が強くて融通が利かない人みたいなイメージが出てきます。
良いイメージだと芯がある人ですかね

でも正直な話、私は殆どの人が頑固な部分を持っていると思います。
気が強い人も、大人しい人も等しく持っている性格の一部です。

どんな人でもこれだけは譲れない!っていうものがあります。

気が強い人はそれを押し通すことができます。
大人しい人も譲れないことはあります。しかしまわりに影響されがちです。

簡単な例で

AとBという商品があって、まわりはBがいいよ!と言って本人も

「じゃあBにしよっかな!」

とその場ではそう言ったものの買ったのはAだった

みたいな話はありえることだと思います。
Bがいいよ!Bがいいよ!と言われたが結局Aしか見てなかったのでしょう。

だから頑固でない人はいないでしょう。
わかりやすい頑固者と隠れ頑固者の二種類があるだけです。

 

 

頑固の攻略法

では、私たちはどうやって頑固を攻略していくのかというと
私たちは頑固な部分を持っていますが、全てにおいて頑固ではありません。

「それについては妥協できるけど、これだけは絶対にダメ!」

という感じで、譲れるものと譲れないものがあるはずです。
全てにおいて頑固だと社会生活はできませんからね。

復縁においても同じことです。

「復縁は絶対にしないんだからね!」

と相手は思っているでしょう。でも

・直接会うのは?
・電話は?
・メールは?

こんな感じで外堀を埋めるように攻めてみましょう

勿論、冷却期間をとってから行ってくださいね。
あなたも相手も落ち着いていない状態でやろうものなら
全部ダメ!と拒否される可能性があります。気をつけましょう。

もし冷却期間をとっても相手に拒否されて連絡すらできない場合は、
共通の友達に頼り、
「相手との関係にしっかりとケジメをつけて前に進みたいから連絡したい」

と伝えてもらうのも方法のひとつです。

 

まとめ

頑固でない人はいません。
相手が気が強かろうが弱かろうが現時点では一緒で
「復縁はしない!」 という気持ちを持っています。
問題はどうやって警戒心を解き気持ちを取り戻すかにあります。

まずはしっかりと冷却期間を取ってお互いに冷静になり、
その後は、どうやってアプローチしていくのか慎重に考えましょう。