自分の気持ちを伝えたいから手紙を書こうと思っている人はけっこういると思います。
直接相手に話すのと負けず劣らずに相手に熱量は伝わります。渡す相手によってはそれ以上の効果も期待できるかもしれません。

なので、復縁には手紙という気持ちの伝え方は効果的です。しかし、メールに比べると気持ちが伝わり過ぎて良くも悪くも効果的です。

せっかく書いたのに失敗はしたくはありませんよね。
手紙の内容と渡すタイミングをきちんと考えて、復縁を前に進めていけるようなやり方を考えていきましょう。

復縁の手紙の思いは重い

そもそもなんで手紙を書こうと思いましたか?

手紙を出す理由は相手に何かを伝えたいからだと思います。

「今まで一緒にいてくれてありがとう」
「あの時は辛い思いをさせてごめん」
「あれは君の勘違いだから、考え直して欲しい」

内容は色々あるでしょう。感謝の気持ちとか謝罪とか弁解とか、あなたの思いの分だけ文章量も増えていくと思います。
ですが、あなたの気持ちをただそのまま文章にするのはダメです。お付き合いしていた気分で書くのはダメですよ。

理由はわかると思いますが、まずは相手は復縁内容の手紙は絶対に読みたくはありません。
だから気持ちをそのまま文章にするのは止めましょう。

誰にも見せずに書くだけならどんな文章でもいいんですが、その手紙を相手に渡すつもりなら文章の内容も考えないといけませんね。

あなたの手紙は感情を伝えるツールです。事務的なお知らせの内容ではないはずです。
特定の人に感情を伝える。それだけで内容は重かろうが軽かろうが受け取る相手にはズシリと心に影響を与えます。
更に手紙というツールは物として残るので、メールや電話や直接の会話と違って特別な重みがあります。

先ほども書きましたが手紙というものはとても強力です。電話よりも直接会うよりも相手に響く可能性があります。
こういう場合の手紙って相手はまず返事は返さないと思うので、気持ちも一方通行になります。

読んでくれる相手のことを考えて、読んでくれそうな内容にしないといけません。

内容はしっかりと考えないといけませんし、渡すタイミングだって超重要です。だから手紙は復縁の可能性がガクッと下げる危険性もある諸刃の剣です。

復縁の手紙を渡すタイミングは?

手紙を渡せるタイミングは正直一回ぐらいだと思います。別れた直後の一週間か二週間ぐらいの間がベストになるでしょう。

別れた直後は相手もまだ冷静ではありません。出しても無駄に終わるか、読んでももらえない可能性があります。

逆に時間が空きすぎても相手は次に向かっている最中かもしれません。

「何をいまさら…」と効果が出ない場合もあります。

しかし別れてから時間がかなり経っているという人は手紙を出してはいけないという訳ではありません。
確かに時間が空きすぎると今更感は出てきますが、この期間を過ぎてしまうと読んでもらえない!という訳ではないです。
逆にベストなタイミングで渡しても読んでもらえない場合もあります。こればっかりは運の要素があるので、相手次第という部分が大きいです。
よっぽど時間が空いていない限り出したいと思うならチャレンジしてみてもいいでしょう。

手紙の渡し方について、実は一番難しい?渡せる可能性を上げるキーポイント!

「相手に手紙を渡したいけど住所も知らないし、直接渡すのも難しいよ!」

という人は共通の友人に手紙を託すという手もあります。でも私はそこまでオススメはしない手でもあります。

なぜかというと共通の友人でかつ信頼のおける友人でもあるという人ではないと安心できないからです。
両方の条件を満たしていない人に託してでも相手に渡したい!という人ならお願いしてもいいかもしれませんが
それが成功するかは怪しいですし失敗しても自己責任ですので第三者を責めるのはどうかと思います。

正直な話、手紙を渡せば復縁が上手くいく訳でもないですし、他の復縁のやり方だってあります。
無理して手紙を渡す必要はありません。失敗したらこちらに刃が刺さる諸刃の剣ですので、無理ならやめときましょう。

実は手紙を渡すのって難易度が非常に高いんです。
直接、馬鹿正直に渡したって読んでもらえるとは思えません。では下駄箱やロッカー、相手の生活圏の場所に忍ばせてみよう!これも危険ですね。
運が悪ければストーカー扱いになりかねないです。相手の住所に送るのもあんまりよろしくないです。

じゃあどうやって渡すんだよ!とお怒りの声も出てきそうです。

あれダメ、これダメ言いましたが一番まずいのは不意打ちのようなやり方がダメなんです。
復縁においての手紙は渡せばいいってものじゃないんです。そんなんじゃ読んでくれません。
先ほども言いましたが内容も勿論大事なんですが渡し方も大事なんです。

良き渡し方、良き内容という二段階を成功させないと手紙の効果はでません。だって第一段階で失敗してるんですから

くどくど言いましたが一番重要なポイントは何かというと「大義名分」が必要になるんです。

あなたが「手紙を書く必要がある!そして相手が読む必要がある!」というのを創り出していきましょう!

・相手と別れて自分の気持ちを整理したい!そのために書いた手紙を読んで欲しい
・今まで一緒に居てくれていたことに感謝の気持ちを伝えたい!そして前に進みたい
・喧嘩別れのような最後は後味が悪いので謝罪がしたい!直接は謝れないので手紙で~

このように手紙を渡す「大義名分」を相手に伝えましょう!あなたの腹の底は「復縁」でもいいんです。表面上はこういう理由にすればいいんですから

「もしかしたら復縁したいのかも?」

みたいに相手に思われるのは仕方ないです。でも「大義名分」としてはこういう理由なんだよ!って伝えてください。
あなたが思うだけじゃなくてちゃんと伝えてくださいね。
「大義名分」があるからこそ相手も復縁のことを疑いはしますが、それを見極めるためにあなたの手紙を読んでくれるはずです。

あなたが「大義名分」としては少々怪しいかなぁと不安な場合はゴリ押してもかまいません。こういう理由で読んで欲しいんだと強気でいける人は強気で頑張ってみましょう。

手紙の書くべき内容と注意点

こちらもとても重要にになります。一度きりかもしれないチャンスになるので気をつけましょう。

さて手紙の内容ですが、基本的に

「ありがとう」と「ごめんなさい」にプラスアルファぐらいの内容にしましょう。
はっきり言って長文は重いです。相手が冷静になったとしても長文は読もうという気持ちを削いでいきます。
長文の手紙自体は別に悪くはないのですが、よく考えてください。別れた直後のあなたに適切な文章を書ける余裕はありますか?

次はあなたの「大義名分」となる内容を追加していきましょう。

しっかりと「大義名分」と手紙の内容は一貫性を持たせましょう。内容とあなたの行動、言動が支離滅裂にはならないようにしてください。

「復縁を考えなしてくれ」
「もう一度チャンスをください」

このような内容もアウトです絶対に止めてください。
罪悪感を感じさせたり、へりくだる内容もアウトです。

あなたがいないとダメ~生きていけない~みたいな奴と一緒に居たくはないから別れた訳でそんな内容は論外です。

内容はシンプルでいいんです。後は相手が想像してくれます。あなたとの楽しかった思い出や辛かったこと色々思い出すでしょう。
あなたが書いて気持ち良くなる内容は求められていません。相手が読んでみて良かったと思える内容にしましょう。
感動させたり泣かせてやろうと意表を突く必要もないです。そこは素直に書いてください。

復縁の手紙は普通の手紙と違って一方通行です。返事を催促するような内容を書いても、相手から返ってくることはないでしょう。
だからあなたの気持ちの伝え方が大事です。

あなたがどう思った。どう感じた。ではなく、相手がいたからこう感じた。こんな思いをさせてしまった。
という風に、基本的に相手の気持ちにを主体に考えましょう。

手紙を出した後は?相手にアクションを待って冷却期間に入ろう。

もし手紙を渡すことに成功したら、そこから冷却期間に入りましょう。暫くはこちらから相手に何もしなくていいです。

相手は最後の印象を引きずります。ケンカ別れだったとしても、手紙を出すことによりそれが最後の印象になります。そしてその後の復縁も進めやすくなるでしょう。

冷却期間になにすればいいのさ!というなら自分磨きをするのがオススメです。あなたの内側外側の両方ともパワーアップしてみましょう。
やっておいて絶対に損はないです。

あとは復縁の勉強についても学んでみるのもいいかもしれませんね。

ちなみに冷却期間が辛いぞ!耐えられないぞ!なんて声がよくあがります。確かにそうですね。私も当時は同意見でした。

辛いのは心のキャパに空きがあると辛さが入り込みます。一人の時とか自宅とか
この感情はコントロールするのは非常に難しいです。常に忙しかったり何かに追われていないと忘れることができません。
辛いのを忘れるために繁忙に生きるのは私は難しいです。それが楽しければいいんですけどね。

冷却期間が辛い!これは仕方ないです。あなたが復縁を諦めれば辛い気持ちは無くなるかもしれません。
でもそれだと本末転倒ですからね。

だから私がオススメできるのは楽しいことをいっぱいする。何かに熱中するということだけです。
辛い時期を辛いだけで過ごすのではなく、辛い以外も経験してみましょう。

復縁の手紙の失敗パターン(私の場合)

私も一度だけ相手に手紙を書いて渡したことがあります。書き上げた力作は便箋ビッチリのポエミーな内容です。あんなもの出すんじゃなかったと今でも後悔しています。

やってはいけない失敗パターンの典型例なので是非、反面教師として役に立たせてください。

まず最初にやってしまったのは渡すタイミングです。
別れてから落ち込みながらも復縁したい!と思い色々なことに手を出しました。その一つが手紙を書くことです。
出したタイミングは別れた直後です。良さそうなタイミングですが相手もまだ冷静な状態ではないときに渡していたと思います。
渡し方は相手の住所に送りました。勿論何の断りもなく不意打ちスタイルでした。
のちに相手に聞いた話ですが、ほとんど読んでいないと聞きました。

次は内容です。当時どれくらいの量を書いていたのかという記憶が曖昧なのですが、もの凄い文章量だったと思います。
ビッチリ書いた文章で誰が読む気がするのか、そもそも内容自体も酷いもので、後悔とか懺悔とか反省とか懇願とかそのようなことをみっちり書いていたと思います。
極めつけが当時の相手が好きだったキャラクターのお守りを買って同封していました。お守りどころか呪いのアイテムだと相手も思ったようです。
もしあなたの手紙にこのような類のものを同封しようとしているのならやめときましょう。

最後に手紙を出した後も酷いものでした。
読んでもらえてないし、呪いのアイテムも同封してしまう。これだけでも酷いんですけど、その後の行動も最悪なものでした。
冷却期間をとって何もしなければいいのに、相手に頻繁に連絡をして会いたいやらなんやらを言ってました。
このように過去を思い返したら、この時点で私の復縁は失敗していたのかもしれません。一人で感情的になって行動した結果の末路ですね。

私の場合は手紙を出すべきではありませんでした。
復縁したいからの行動なんですが、当時は電話もできないし、メールもできない拒否状態でした。
この状況を打破すべく当時の私が考えた行動が「手紙」でした。
手紙を送る段階ではなく自分の頭を冷やす冷却期間に入るべきだったのに、何か行動を起こせば良い方向に進むと思ったんでしょうね。
恋愛事になると普段に無い行動力を発揮してしまう性格がどんどん復縁を遠ざけていました。

手紙は連絡がつかないときの最終手段ではありません。「大義名分」が伝わらなければ相手は読みもしないでしょう。
不意打ちの一発逆転の手法ではないので、私のような状況の人は手紙ではなくまず冷静になってください。

他の記事でも何回もしつこく言ってますが、復縁は冷静に行動できない時点でアウトです。
良かれと思った行動は大体は悪手になってます。復縁は基本的に余計なことはしないほうがいいです。

今のあなたはどうでしょうか?手紙を一度書いてみて一週間ぐらい時間を空けてから読み返して相手に読んでもらえそうなら出してみてもいいんじゃないでしょうか

あなたの状況を考えて手紙を出すか出さないかを考えてみましょうタイミングが違う場合は無理に出さないほうがいいです。
出さずとも、会える機会ができたときに笑顔で接することのほうが重要です。