「復縁には依存心を捨てましょう!」

復縁について調べている人ならよく目にする言葉だと思います。
私は嫌というほど目にしました。

でも依存心っていったい何者なんでしょうか?
何で捨てないといけないんでしょうか?

 

 

必要と依存について

今、あなたがハマっているものってありますよね?
もしくは生活に溶け込んでいて、頻繁にやっていることがあると思います。

それぞれ人によってあると思いますが、簡単な例で「スマホゲーム」や「ネットサーフィン」

「それを今からしばらくの間、やめてください!」
と言われたらどうでしょうか?

「無理無理!スタミナあふれちゃうよ!」
「いつまでやめなきゃいけないの?!」
「それがないと生活に困っちゃうよ!」

こんな感じの反応をしてしまった人は重からず軽からずに依存しています。

「少しぐらいならいいかな~」

こんな感じの反応だったら依存しているとは言いがたいでしょう。

私は言語学者ではないので、明確な違いは示すことはできませんが、
「必要」と「依存」なんて大した差はないと思います。

両者ともなくてはならないと思っているからの感情です。
では何のための例なのかというと、前者と後者の違いは

やめているときに冷静な思考ができているかいないか

必要は、「あってもなくても支障はないけど、できればあったほうがいい」
依存は、「常にそばになきゃダメ!なくなるなんて考えられない!」

こんな感じの差でしょうか?

どんな人でも少なからず、必要と依存のどちらにも当てはまる心はあると思います。

復縁と依存

「復縁のことなのに、スマホゲームやネットサーフィンのことと一緒にすんな!」

という声もでるでしょうから話を戻します。

「依存心を捨てろ!」の真意は
復縁活動をする際に冷静な判断ができなくなるからということです。

依存心が強くなりすぎると、冷静な判断ができなくて自分のことしか考えられなくなります。

「辛いから復縁してくれ!」
「寂しくて仕方ないから復縁してくれ!」

これで復縁できたら苦労しませんよね。

もし万が一、この魂の叫びが相手の心を動かして復縁が成功したとしても
この後、お互いに幸せになれるでしょうか?また同じことの繰り返しになるでしょうね。

普通の恋愛なら燃え上がる感情で行動してもいいと思いますが、復縁は異なります。

一人でも生きてはいける。でも相手がいたほうが、より豊かに生きていける
こう思って、また相手にも思わせることができたのなら復縁も上手くいくでしょう。

大事なのは自分勝手な考えにならないために冷静でいることです。