復縁をしたいと思っているが毎日が辛い
毎日不安でたまらない
今やっていることは復縁に何の意味もない行動なんじゃないだろうか?

前回の記事でも書きましたが復縁は辛いです。

しかも失恋時の状況は人によって様々ですので、
あなたが味わった失恋のダメージはあなたにしかわかりません。
辛いものは当然の感情なので仕方ないものとして受け止めるしかありません。

だからといって、こんな状況じゃ別れの原因の克服や自分磨きなんてしても
心が不安定であると何をしても集中できません。

しかし、あなたは今の自分から変わらなくてはという気持ちは持っているはずです。
あなたは復縁のためにやるという目的で行動しようとしていますが、
変わろうと行動することは復縁以外にも自分自身の成長のための転機にもなります。
だから、辛いからといって毎日ドロドロしていたら非常にもったいないです。

 

辛さの原因

そもそもあなたが辛い理由は相手が存在しているからです。
だから相手のことを忘れてください。

「言っている意味がわからないんだけど?」

なんて思われているでしょう。
でも、ちょっと落ち着いてくださいね

ずっと好きで、まだ好きな相手のことを簡単に忘れられることなんて無理です。

ましてや
「あなたの復縁を諦めてください」
なんて言う気も全くありません。本末転倒ですから

ではどういう意味なのかというと

相手のことを考えている時間を減らしてください。ということです
行動しよう頑張ろうとしているけれど、いつのまにか相手のことを考えていませんか?
ちなみに昔の私がそうでした。
仕事のときでも忙しさから開放されると、ずっと相手のことを考えていました。
一人の時間のときなんて言わずもがなですね

だから、そんな状態で自己改善や自分磨きのための行動なんか集中してできないでしょう。

 

熱中できることをする

じゃあどうやって相手のことを考える時間を減らすのかというと
熱中して楽しめることをしましょう。
何でもいいです。復縁も自己改善も自分磨きも忘れてください

・昔ハマっていた趣味を再開する
・新しいスポーツに挑戦する
・旅行に行く

などなど楽しめるものなら何をしてもいいです。
何でもいいんですが、できれば一人にならないものをオススメします。

「そのことなら一人でも熱中してやっちゃうぜ!」
という人ならいいのですが、一人になるとネガティブ思考になりがちです。

「それって復縁からの自己逃避じゃないの?」 と思われるかもしれませんが

私は自己逃避をオススメします。
心が不安定なのにあれもこれもできないです。
しっかり心が回復してから余裕ができてからやればいいんです。

疲れたら寝る
お腹が空いたらご飯を食べる
汗をかいたらお風呂に入る

頑張って心がポッキリ折れる前にしっかりと心が回復できる時間を作りましょう。